ASKAが入院した八王子と佐賀の病院はどこ?ミヤネ屋や井上公造のやりとりとは?

様々な悲報は飛び交い本当にお茶の間を揺るがすような事件が多かった2016年、
そろそろ終息を迎えるか?と思ったら最後に大きいニュースがでてきてしまいました><

ASKAさんが薬により再逮捕です。。。。

や、やってしまった・・・・・

昨日丁度自分、ASKAさんの晴天を誉めるなら夕暮れを待てを聞いていましたが、、

夕暮れを待つ前に青天の霹靂が起こりました・・

そして各社が一斉に再逮捕情報を報道しましたが、ASKAさんはそれに対する反論を
ブログに綴り何故かミヤネ屋に対して発信しています。

それは芸能レポーターの井上公造さんが関係しているとのこと、

 

そしてその中でASKA氏は八王子と佐賀の病院に入院していたことも発覚、

その病院とはどこだったのでしょうか?

 

今日はそんなことについて書いていきます!

 

今日のコンテンツ

ASKAさん薬で再逮捕、報道に対する反論を何故かミヤネ屋に対してブログで綴っていた。

井上公造さんとのやりとりででてきた八王子と佐賀の入院先はどこか?

 

 


スポンサードリンク

 

 

ASKAさん薬で再逮捕、報道に対する反論を何故かミヤネ屋に対してブログで綴っていた。

 

ASKAさんが薬で再逮捕された報道が流れたのは28日の2時25分頃。

いやーーー、やってしまいました。

 

 

しかしASKAさんはブログで反論

 

ASKAさんは報道に対し、ブログで

「はいはい。みなさん。落ち着いて」というタイトルで薬の使用の報道は間違いだと否定しています。

その中で「報道はフライング」とか「科研が調べたなら無実は証明されるはず。」と真向否定。

さらに、他にもミヤネ屋さんにあてて

 

ミヤネ屋さんへ。
「人が、信じられなくなってる。」
なんて、電話はしてませんよ。 Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、 インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。
相手も特定出来ていたので、 直ぐに警察に電話もしました。「サイバーを紹介して下さい」 と。
それだけです。幻聴、幻覚など、まったくありません。

 

 

このような記事も書いています。

 

他にも家に押し寄せた報道陣に対して「私は潔白、不法侵入ですよ」みたいな事もいっていました。

 

寧ろ被害者なんだよ逆に!って半ば逆ギレ状態・・

 

しかし残念ながら検査では陽性反応がしっかりでてしまいました。

 

確かにこういうシチュエーションで逆切れしたりすることってありますよね。。

 

しかし何故ミヤネ屋にあてたのか?

 

どうやらミヤネ屋がオンエア中にASKA氏の再逮捕が報道され、番組も急きょ
ASKAさんの話題に変わったみたいで。

 

その時に登場していたのが芸能レポーターの井上公造氏!

井上公造氏はASKA氏が仮釈放中に知り合い、2日に1度は連絡を取り合うようになっていた間柄だそう。

 

ASKAさんは井上公造さんに作曲した2020年の東京五輪の曲や詩を送ったり、私的な交流もあったようです。

 

他にも、

「家族に騙され、無理やり八王子の病院に入院され、監禁状態で自由がない!」とか

「佐賀の病院にいて、監禁はないが形態やPCも盗聴されているので、井上さんも気を付けてください」とか

他にも、ご飯に誘ったり、事件の手記を出す出版社の紹介を求めたり、CDを発売する予定を話したり

 

 

さらに、井上公造さんは電話でろれつの回ってないASKAさんの様子も見ています。

やりとりは

井上さん「大丈夫ですか」
ASKAさん「睡眠薬を飲んだばかりなので」
井上さん「え、こんな時間にですか?」
ASKAさん「。。。。。」

 

ASKAさんは井上公造さんに心を許していたんでしょう、かなり密な話もされれています。

そんな事から、ミヤネ屋にあてたブログタイトルはミヤネ屋というよりは
井上公造さんに宛てへのメッセージだったんでしょう。

 

 


スポンサードリンク

 

 

井上公造さんとのやりとりででてきた八王子と佐賀の入院先はどこか?

そんなワケで再逮捕されてしまい、再び入院し、病院生活となるのでしょう。

そしてかなり井上公造さんとは親密な間柄だったASKAさんがやりとりで話していた
八王子と佐賀の病院はどこなんでしょうか??

 

八王子は東京高尾病院が有力

 

八王子の病院に関して最も有力なのは「東京高尾病院」という説がありました。
この東京高尾病院は高尾駅のさらにおく、ケーブルカーの通る途中にある病院で、
ホントに山以外なにもないようなひっそりとした場所にあります。
病院には閉鎖病棟もあるという事

ASKAさん本人の言う八王子、さらに鍵をかけられたという証言をみると、かなり濃いセンだと思います。

 

 

佐賀は肥前精神医療センター?

 

薬の治療は欧米で広く実勢されているマトリックスモデルに潤した「SMARPP」という治療法を
もとに作られたLIFEプログラムという認知行動療法で治療を行う

ASKAは福岡県出身であるため、福岡県の病院である可能性が高いと思われます。

そして入院している病院が欧米で広く実践されているマトリックスモデルに準じた「SMARPP」というプログラムを元に作られたプログラムという認知行動療法で、回復を目指すプログラムがあります。

そしてその「SMARPP」を開発・研究した「国立精神・神経医療研究センター」の松本俊彦のプログラムと
同様のプログラムがあることが有力とされている理由みたいです。

 

また、この2つとは別には千葉県の「下総精神医療センター」という所に入院した形跡もあるそうです。

 
こちらもどうぞ ASKA、薬で再逮捕、懲役期間は何年?再犯率は高い!執行猶予は?
 

50歳以上の薬の再犯率は約8割ということですが、かなりの高確率。
割合からすると起こるべくして起こってしまう感の強いパーセンテージですが、

再度同じ病院に入院するのでしょうかね・・・・・?

今回の事件は単なる事件にとどまらず、事件に付随する過程で
人間性としてちょっと残念な対応も見られてしまい、落胆した人も多いと思います。
僕も好きで記憶に残っている曲も結構あっただけに、残念です。

二度目となるとかなり困難な道ですが、這い上がってきてほしいと思います。


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です