高山トモヒロの子供の現在や相方・河本栄得の死因は?娘の活躍が凄い!

ベイブルースと聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのは・・・やはり野球でしょう。

人類史上初めて1シーズン50本塁打を打った野球の神様です。。

が今回なその話ではありません。

 

日本の現在のお笑い界の神様といえば「ダウンタウン」もその一組ではないかと思いますが、

かつてベイスルースという次世代のダウンタウンと高山トモヒロさんと川本栄得さんからなるコンビがありました。

 

そのネタは当時は神級といわれていましたが、河本栄得さんの急逝により解散してしまいました。

 

河本栄得さんの死因とはいったいなんだったんでしょうか。

 

そして河本栄得さんには娘がおり、この方もまた神のような活躍をされています。

 

 

そんなことについて今日は書いていきます。

今日のコンテンツ

高山トモヒロのベイブルース時代の相方・河本栄得の死因は?

娘の現在の活躍ぶりが凄い!!

 


スポンサードリンク

 

 

高山トモヒロのベイブルース時代の相方・河本栄得の死因は?

 

さて、お笑いコンビのベイブルースが活動していたのは

1998年から2001年までの13年間でした、コンビの高山トモヒロさんと河本栄得さんは高校の同級生で野球部でも共に活動していました。

ちなみにこの時の動機には雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみなど、今も活躍されている方がいます。

 

しかしそんな中においてもベイブルースの評価は群を抜いていたそうです。

 

特にネタ作りにも、お笑いの真にも一切の妥協を許さなかった河本栄得さんのプロ意識は相当な物だったようで相方の高山トモヒロさんは物凄い厳しい指導をされていたそう、、動機なのに指導っていうとなんか変な書き方ですが^^;

 

しかしそんな姿勢もあってか、コンビの腕前は、前述しましたが次世代のダウンタウンとも評され、まさに昇り竜の勢いだったよう・・

 

もし河本栄得さんが健在ならば今でも見ない日はなかった位の存在になっていたかもしれませんね。

 

 

河本栄得さんの死因は劇症肝炎

 

そんな飛ぶ鳥を落とす生き王のベイブルースでしたが、、

なんと河本栄得さんの急逝によりコンビは解散していまいます・・

河本栄得さんの晩年は25歳でした(若すぎる・・・・・・・)

 

その原因となったのは劇症肝炎。

 

劇症肝炎というと聞きなれない病気です。

 

劇症肝炎の症状について書くと

・人体に有害な物質を解毒・排泄する肝臓の働きを担っている「肝細胞」が大量に壊れてしまう病気

・全身のだるさ・吐き気・食欲不振といった急性肝炎と同じ症状が現れ、8週間以内に意識障害につながる

・肝臓の機能が低下してしまうと、血液を凝固させるために必要なタンパクがつくられなくなり、人体に有害な物質が体内に蓄積してしまう

引用元:難病情報センター

 

肝臓は様々な有害物質を分解してくれますが、
その機能が失われてしまう状態になってしまうんですね。。。

 

発病の原因としては
肝臓というとお酒が頭に浮かぶと思いますが、原因はアルコールではなく

解決には肝炎ウィルスの感染、そして3割は不明という事です・・・

 

解決策は生体肝移植しかないのですが、この病気は進行も早く
それもドナー探しや検査を行う間、体力の消耗を抑えられず、
手術することもできなくなってしまうようです・・

 

 

河本栄得さんが闘病中、高山トモヒロさんはラジオ番組で、相方は入院しているが元気とつたえながら番組を進行していたようです、、この時の高山トモヒロさんの心境は、、言葉にはならないと思います。

 

話は戻りますが、お笑いには妥協を許さず厳しい姿勢で臨んでいた河本栄得さんですが、

反面、後輩の悩みにはとことん付き合ってやるような優しく男らしい一面も持ち合わせており、

葬儀には多数の友人や仲間が集まったといいます。

 

物凄く残念です。。。


スポンサードリンク

 

 

娘の現在の活躍ぶりが凄い!!

そんな相方をなくし、仕事も減少した高山トモヒロさんはしばらく荒れ果てた生活を送っていたそうです。

しかしお笑いを続けることを決意した高山トモヒロさんは「ケツカッチン」を結成、現在も
活動をつづけ、M-1の出場を果たし、活躍しています!

そしてそんな高山トモヒロさんはNSC時代の同期と結婚しており、

現在は三人の娘がいるそうなんですが、この娘さんたちがまた凄い!

次女は光永(ひなた)さんといい、芸能界で活動し女優として活動したり、
父と親子共演も果たすなど活躍しているそう。

 

そして長女の衣世さんは
チアリーディングで日本代表にも選ばれ・・・

なんと世界一にもなっています!!

 

以下デイリースポーツオンライン様より引用

ドイツ・ブレーメンで29日(現地時間)に行われたチアリーディングの世界選手権で、日本代表として出場していた漫才師・高山トモヒロ(41)の長女・高山衣世さん(21)が女子団体の部で優勝した。世界最大規模の大会で、約20カ国が出場。衣世さんは「念願の世界一になれてうれしいです」と喜びをはじけさせた。

 

 

どうやら次世代の神と謳われた高山トモヒロさんの次世代の子供は
チア界の神様になったようです!!

そんな娘たちに囲まれた高山トモヒロは家族とも順風満帆で円満な家庭を築いているみたいです。

過去に苦しみを味わっている分、すごく優しいお父さんなんでしょうね。

現在の年齢は50近くとなりますが、お笑い芸人としてまだまだ活躍できる年齢です!
家族の為にも、河本栄得さんの為にもお笑い界にもますます旋風を巻き起こしていった欲しいと思います。

それでは!

 


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です