清水富美加や能年玲奈の給料、レプロの月給5万円は普通?衝撃の給与システム!

先日突如の芸能界引退を発表した清水富美加さんですが、
引退の理由は出家と現在の芸能人としての仕事に本人の理想とかい離があったという事ですが。

清水富美加さんが仮面ライダーに出演していた時のレプロから出る月給がなんと5万円だったという話がでています。

なんとも衝撃な話ですが、どうやら芸能界では若手の給与はそんなもん、っていう話が
色んな所からでています!

今日はそんなことについて書いていきます。

 

 


スポンサードリンク

 

 

 

清水富美加さんの仮面ライダー出演時の月給は1か月3時間睡眠通しでなんと5万円!

 

いやぁ~~~~、芸能界ってもうジャンジャンバリバリお金が湯水のように湧いて、
世間からももてはやされて、っていうイメージだったのでびっくりですね。

 

この話が出たのは幸福の科学サイドの発表のようで、その時でた話は

JCASTニュース様より引用
デビュー数年後に意に反して月給5万円の契約書にサインしなければならなかった

 

とのことです。

 

生活費などは賄われていたとの話。そこから給与をざっくり逆算してみた。

 

その後ある芸能ライターの話によると正確には

JCASTニュース様より引用
「生活全ての面倒を見て、レッスン代、交通費などの関連費用も全部こちらで持った上で、さらに小遣いが5万円ということです」

 

という事らしいのですが、もろもろの諸経費が出た上の給与5万円・・・
これってどうなんでしょうかね??

 

生活すべての面倒を見る・・という事なので、純粋に使える自由なお金が5万円だとしたら、
たとえば家賃6万円のアパートに住んでるサラリーマンをおおざっぱですが例えると

家賃7万円
食費3万円
交通費1万円
携帯代1万円
生活雑費2万円

超大雑把ですが大体こんな感じでしょうか・・

これに5万円が加算され
さらにはレッスン料がいくらなのかわかりませんが、
ネットの情報では、月数万円程度という情報がちらほらありました、
とりあえずここは3万円と仮定・・・

するともろもろ合わせて手取り22万円位・・・・

まぁ、、20代の普通のサラリーマンと同じ位って感じにざっとはなりましたが・・

 

拘束時間を考えると3時間の睡眠時間と書いてあったので、15時間は労働していたんじゃないでしょうか。

しかも丸一か月休みがなかったともありましたので、

総労働時間450時間って事になります・・・・

サラリーマンの所定労働時間が160時間ってことを考えると、

290時間オーバー・・・うおお・・・

 

能年玲奈さんも月給5万円だったそう。

 

レプロには過去、あまちゃんのヒロインとして一世を風靡した女優ののんこと能年玲奈さんも在籍していました。

しかしこの時の能年玲奈さんの月給も話によると同じく月給5万円だったという話です・・

これが直接に原因かわかりませんが、能年玲奈さんはのちに事務所との契約は解除しています。


スポンサードリンク

 

 

レプロだけではない、芸能界ではこの給与はむしろ普通?

 

俄かに自分には信じられない給与の話がでましたが、

この話に言及したのが坂上忍さん!

坂上忍さんはこの件に関して話しています

ヤフーニュース様より引用
「両者の会見を見ましたが、幸福の科学さんは芸能界ではプロではないから」と自らの経験を踏まえたギャラ事情を告白。

「仮面ライダーの仕事は出たら人気になるが、ギャラなんて微々たるもの」と5万円の月給を正当とし、「名前のある方が仮面ライダーに出られても、あの枠ですからね。そのかわり、まとめ撮りして拘束期間をぎゅっと縮めて配慮の中で成立している」と説明した。

 

 

坂上忍さんといえば小さい頃に早くも子役として芸能界で活動した長い芸歴と経験を持っています、

 

そしてラサール石井さんも「大手のプロダクションでも月給5万円ぐらい」と語っておりました

 

 

さらに坂上忍さんはこう付け加えています。

 

ヤフーニュース様より引用
一方、人気が出てくると、月給か歩合の2択が提示されるといい、坂上は「安心がいいですか?儲けがいいですか?って選択権が与えられる」と芸能界のシステムを明かしていた。

 

 

 

この話から見る、「安心がいいですか?」っていう言葉をかみ砕くと、月給は低くとも生活面の保障をされるっていうのはなんとなく真実味がありますね。

 

下積みの時代は低い月給でも生活をし保障した上で

レッスンや現場も経験させて貰えるって感じなんでしょうか。

 

その上で人気が出てきたと自分の中で確信が持てるようであれば歩合に移行してもOK。。

 

これが本当ならば下積みの時代は相当キツでしょうが、ブレイクして高給取りになるキッカケを作るまでの礎としては整っているっていう捉え方もできそうですよね。

 

事実ブレイクした後の売れっ子の芸能人の方々は間違いなく超高所得者になっていますから、
あながちこのシステムも間違ってないのかもしれません・・

 

ってことをつらつら書いていたら、芸能界の給与体系について詳しく知りたくなってきました。

 

ちょっと大雑把な計算ばっかりの記事になっちゃいましたが、興味があるので、
色々調べてみようと思います!!!

それでは!


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です